ストレッチは筋トレの違いとは?効率的なストレッチで筋肉を整えよう

ストレッチは筋トレの違いとは?効率的なストレッチで筋肉を整えよう

トレーニングによって適度に筋肉を鍛えることは、身体のバランスを意識する上で大切です。

適度な筋肉は基礎代謝を上げることにも繋がります。

太りにくい身体を作るという点でも、筋肉は大切な役割を担っているのです。

ところで、筋トレ同様に筋肉を意識する上で取り組む必要があるのがストレッチです。

ストレッチは効果的に行うことによって、よりしなやかな筋肉を作っていきます。

 

筋トレとストレッチの違い

ところで、筋トレとストレッチはどのような違いがあるのでしょうか。

筋トレとは言わずもがな筋肉のトレーニングです。

トレーニングが訓練や練習という言葉を意味するように、筋肉を鍛えることに重点を置いた活動です。

 

筋トレは筋肉に負担をかけていきます。

代表的なメニューとして、スクワットや腹筋、背筋といったものがあげられます。

これらに取り組むことで、筋肉を大きくしていくのです。

 

よく筋トレを「筋肉を痛めつける」と表現することがありますが、これは身体に負担をかけ、筋肉を大きくすることからきています。

また筋トレは、筋力の維持増進という側面もあります。

 

一方ストレッチとは、筋肉や関節を伸ばすことに重きを置いた活動です。

ストレッチという言葉には、伸縮するという意味合いがあります。

 

ここからでもわかるように、ストレッチは筋肉をときほぐし、身体を和らげることを目的とします。

よくスポーツを行う前には十分にストレッチを行うよう注意が喚起されます。

 

これは身体の緊張を和らげることで、関節や筋肉を適度にゆるめ、肉離れやけがなどを防ぐことが目的となっているのです。

つまり筋トレが身体を鍛えるという役割であるのに対し、ストレッチは身体を整える役割であるとイメージするといいでしょう。

 

ストレッチの種類

ストレッチには、スタティックストレッチ、バリスティックストレッチ、ダイナミックストレッチの3種類があります。

スタティックストレッチとは、同じ姿勢をキープしてじっくりと筋肉を伸ばしていくものです。

 

静的ストレッチとも言われ、反動や弾みをつけることもしません。

一般的に運動をした後に行うことで、疲れてしまった筋肉を回復させることを目的とします。静的という言葉にもあるよう、ゆっくりと時間をとって行うことで、疲労回復の効果が期待できます。

逆に短時間で行っても、効果が期待できないとも言われています。

ゆっくりと身体を伸ばしながら、運動後の身体の状態を確認していきましょう。

 

次にバリスティックストレッチとは、反動をつけて行うタイプのストレッチです。

準備運動でも、アキレス腱を伸ばす際に少し弾みをつけて腱を伸ばすでしょう。

 

これはバリスティックストレッチによる動きです。

バリスティックストレッチは、反動をつけることで瞬間的に筋肉が伸び、本来の稼働域を超えた柔軟性を高めることができます。

ただし動作が急激に行われるため、十分にウォーミングアップができていない場合、けがをする可能性もあります。

そのためスタティックストレッチなどで、筋肉の緊張を緩めておくことが大切です。

 

そしてダイナミックストレッチは、身体を動かしながら筋肉を伸ばすストレッチです。

ダイナミックストレッチも動的ストレッチに分類されます。

大きく腕を回す、足を振り上げるといった動きを行い、身体の動的柔軟性を上昇させ、筋肉を伸ばします。運動前などに行うことで、準備運動にもなりケガの防止にも繋がります。

しっかりとストレッチを行うことで、身体を柔らかく整えることができます。

 

効果的なストレッチのポイント

ただし、ただ身体を伸ばせばいいというわけではありません。

まずストレッチでは筋肉が伸びるのを待つことを意識しましょう。

 

人間は普段、限られた稼働域でしか筋肉を使っていません。

そのため身体の動きを制御するには、15秒程姿勢をキープすることが大切です。

そして意識的に伸ばすのではなく、伸びるのを待つという意識を持ってストレッチしましょう。

 

またその際に重要なのが呼吸です。

ストレッチは、心身ともにリラックスした環境で行うものです。

 

そのため息を止めてしまっては、効果が薄くなってしまいます。大切なのは呼吸を止めることなく、適度に呼吸を行いながら身体を伸ばしていくことです。

そしてもう一点気をつけなければならない点は、余計な負担を身体にかけないことです。

 

バリスティックストレッチのように反動を与えるストレッチ以外は、基本ゆっくりと筋肉を伸ばしていく動きになります。

無理矢理反動や弾みをつけることは、筋肉に一気に負荷をかけるため、ケガの原因となるので絶対にやめましょう。

 

効率的に筋肉を鍛えたい方はアナボリックステロイドも選択肢の一つです

上質な筋肉を作るには、筋トレと同様にストレッチも適宜行うことが大切です。

また効率よく筋肉を鍛えるためには、アナボリィクステロイドという筋力増強剤を取り入れる方法もあります。

 

通販サイトのテジャスメディシンは、アナボリックステロイドを取り扱っています。

個人で購入することもできるので、効果的に筋肉を増強したいという人は、是非検討してみてください。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

アナボリックステロイドの購入はテジャスメディシンへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針