アナボリックステロイドとは?筋肉量を劇的に増やせる筋力増強剤の正しい知識

アナボリックステロイドとは?筋肉量を劇的に増やせる筋力増強剤の正しい知識

アナボリックステロイドは筋肉増強剤の一種です。

 

筋力増強剤と聞くと一般的なイメージでは、アスリートのドーピング問題などが頭に浮かぶ人が多いかもしれません。

 

でも、実際アナボリックステロイドの愛用者(ユーザー)は、人数的にはアスリートの人よりも一般の人の方が多いんです。

 

「どんな人が、どういう目的で使用しているのか?」について正しい知識を身につける目的も含めて解説していきます。

 

アメリカの調査結果では

ステロイドのユーザー2000人以上を対象にしたアメリカの調査結果では、ステロイドの典型的な利用者はアスリートではなく、「30歳程度の年齢の学歴&それなりの収入のあるホワイトカラー(スーツを着て働くサラリーマン、管理職)」という結果が出ています。

 

こういった方のステロイド使用の目的は、筋力の増加による肉体的、男性的な魅力のアップだと紹介されています。

いわゆる意識高い系男子という感じですね。

 

アメリカ程「筋肉モリモリ=カッコ良い」というイメージが大衆化はしていないものの、これは日本でも同じで、やはりアスリートというよりも、筋肉量を増やしたいという男性が使用するケースが多いようです。

 

スポーツ選手やアスリートはアナボリックステロイドを使わないの?

スポーツ業界のドーピング問題と聞くと、筋力増強剤、ステロイド、男性ホルモンを使用して検査にひっかかるイメージがあると思いますが、実際には禁止指定されている成分が少しでも検知されるだけでNGです。

 

アンチドーピング協会が発表している資料では、2年〜3年前でも検出できる種類のものや、3週間程度しか検出できないものもあるそうです。

 

3週間程度しか検出できないタイプのステロイドもあるなら、バレないんじゃないか?と思ってしまうかもしれませんが、悪質な場合は大会への資格停止だけでなく、業界からの追放まであり得るレベルのため、一線級で活躍する本格的なアスリートでステロイドを使用している人はほとんどいません。

 

スポーツをしている方が身体・筋肉を大きくするために、最初の時期に使用するケースもありますが、ステロイド=スポーツ選手が使うものというのは先入観が強いだけで、一般の愛用者の方が圧倒的に多いというのが実際です。

 

アナボリックステロイドの働き・効果

アナボリックステロイドは、タンパク同化作用を持つステロイドホルモンの総称で、その多くは男性ホルモン作用も持っています。

 

短期間で、通常の筋力トレーニングだけでは得られない劇的な筋肉増強、筋肉成長を促す作用を持っているため、肉体の強化に非常に有効な薬です。

もちろん、ただ使用するだけで勝手に筋力が増大するわけではなく、ステロイドの使用と筋力トレーニングはセットです。

 

食事とトレーニングとの兼ね合いもあるので、ボディビルやウェイトリフティングの人のような大きな筋肉を作る目的だけではなく、「線の細い男性がもう少し男らしい身体つきになりたい」という場合でも活用できます。

 

アナボリックステロイドは日本で使えるの?

日本では一般の方がステロイドの購入や使用する事に対して、特にはっきりした規制などはなく、実際、日本でも肉体の強化や魅力アップのためにステロイドを利用するユーザーはたくさんいます。

 

個人の方でもこちらの通販サイト「テジャスメディシン」から購入可能ですので確認してみてください。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

アナボリックステロイドの購入はテジャスメディシンへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針