朝と夜どちらの時間帯にやるのが筋トレの効果を高めるのか?

朝と夜どちらの時間帯にやるのが筋トレの効果を高めるのか?

筋肉を増やすには筋トレをするしかありませんが、どうせやるなら効率よく筋肉をつけたいものです。そういう筋トレの効率性を追い求める人になかでしばしば問題にされるのが、「朝と夜どちらの時間帯が、筋トレの効果をより高めるのだろうか?」ではないでしょうか。

筋トレについてはさまざまな研究が行われているものの、朝と夜どちらの時間帯がより効果的であるかどうかというのは、まだ解明されていません。大まかなところでは、その人が最適と思える時間帯が筋トレにとってのベストな時間帯といえるだろうという結論で一致しています。つまり、朝であろうが夜であろうが、どちらでも自分に向いていると思う時間帯にすればよいということです。

 

朝に筋トレを行うメリット

ところで、朝に筋トレを行うことにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。まず、朝の方が夜よりも副交感神経が優位な状態になっており、自律神経のリズムが筋トレによって整いやすいというメリットがあるといえるでしょう。体を動かすうちに徐々に交感神経が優位になって、体温や血圧がスムーズに調整できるのもよいところです。

しかし、朝からいきなりハードなトレーニングをすると、体温がしっかり上昇していないため、怪我につながるリスクがあります。筋トレを朝行う場合は、起きてからしばらく経ち、しっかり目が覚めてからやるようにしましょう。

また、ウォーミングアップも大切です。起床後朝一で筋トレをするのではなく、ウォーキングなど軽い有酸素運動などから始めてみてはいかがでしょうか。また、夜寝ている間に体から水分が失われていますので、トレーニング前に水分補給を行うことも忘れないでください。

 

夜の時間帯に筋トレを行うメリット

では、夜の時間帯に筋トレを行うことには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。夜は朝よりも体温が上昇しており、肺活量も高まっていますので、体はトレーニングに適した状態になっています。それが第一のメリットです。

また、トレーニングによって体が疲労すると、そのおかげで床に就いた時にスムーズに睡眠に入れるようになるでしょう。睡眠の質まで向上するのが夜に筋トレをするメリットです。

しかし、人によっては夜の時間帯に筋トレをするのはなかなか難しいのではないでしょうか。特に日中仕事をしている人だと、仕事が終わってからトレーニングのための時間を確保しなければなりません。スケジュールの調整に苦労するのは、夜の筋トレのデメリットの一つといえるでしょう。

 

夜寝る前の激しい運動は控えよう

また、体に関していうと、夜寝る前にハードな筋トレをすると、その刺激によって心身が覚醒してしまい、いざ眠ろうと思ってもなかなかスムーズに睡眠モードに移れないというデメリットがあります。トレーニングから就寝までの時間が十分に取れない場合は、ストレッチなどをなるべく丁寧に行うようにしましょう。全身をリラックスさせるとともに、疲労回復を促しましょう。

朝と夜どちらの筋トレもメリットとともにデメリットもありますが、結局、どちらの時間帯に行うのがよいかというと、その人にとってデメリットが少ないと思われる方です。一般的には、朝の方が向いている人が多いといえるでしょう。やはり一般的には日中に仕事をしている人が多いため、夜はトレーニングの時間を確保することが難しいというデメリットがあるからです。

 

朝のトレーニング前には入念なウォーミングアップを

ただし、朝にトレーニングする場合は、夜に行うよりも入念にウォームアップする必要があることを忘れないようにしましょう。起きたばかりでは体温や血圧が上昇しておらず、心拍数も低いです。循環器の機能もまだしっかり目覚めていません。その状態でいきなりハードなトレーニングをすると、筋肉の増強どころか、体にダメージを与えることにもなりかねません。

まずはウォーキングなどの軽い有酸素運動によって体を温めることから始め、それから筋トレを開始することが、その効果を最大限に高めるのと同時に、怪我のリスクを最小限にするためのやり方です。

結局、朝であれ夜であれ、また昼間であれ、いつ筋トレを行うかはその人次第です。どの時間帯が最も効果的かという話ではなく、やりやすい時間帯を選べばよいということです。ただし、もう一つ、一貫性が重要であることに注意してください。トレーニングの時間帯はいつでもよいのですが、一度決めた時間帯で一貫してトレーニングできるようにスケジュールを調整しましょう。

 

効率的な筋肥大にアナボリックステロイド

なぜなら、一貫性がないと長続きしにくいからです。「今日は朝一の筋トレ、明日は夜仕事から帰った後」というようなやり方では、特に初心者の場合、トレーニングの習慣がつく前に嫌になってやめてしまいます。

また、筋肉を大きくするには、トレーニングだけでなく栄養摂取にも注意しなければなりません。トレーニングの時間帯によってその効果が変わらないとしても、栄養の吸収のされ方によっては変わってきます。空腹でも満腹でも十分な効果は出ないため、摂取した栄養を筋肉に効果的に送り届けられるよう、食事のスケジュールも調整するようにしましょう。

もし、通常の食事では栄養が物足りないと感じるのであれば、アナボリックステロイドという手もあります。アナボリックステロイドは通販サイト「テジャスメディシン」にて購入可能です。通常の筋トレでは飽き足りない人はご検討ください。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

アナボリックステロイドの購入はテジャスメディシンへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針