痩せ型体型の方がマッチョになるための考え方とトレーニング

痩せ型体型の方がマッチョになるための考え方とトレーニング

痩せ型の人がマッチョになるには、体型を変えるために考え方から変えていかなければなりません。まず、太れないとお悩みの場合、なぜ太らないのか原因を突き止めましょう。

マッチョになるには、筋肉をつけるだけでなく体重を増やさなければなりません。それにはしっかり食べることが大切なのですが、痩せ型の人はしっかり食べられていない人が多いです。

自分では十分に食べているつもりだという人もいるでしょう。しかし、それは思い込みに過ぎないかもしれません。一般的な基準で考えると、本人はしっかり食べているつもりでも、少食の部類に入るということもあります。

逆に、人よりも太りやすい体質という人もいます。あまり食べていないのにすぐに太ってしまうとお悩みの人は少なくありません。ところが、実はこういう人も実際は食べているのです。1回あたりの食事の量は多くないとしても、カロリーの高いものばかり選んで食べていたり、間食が人より多かったりします。

 

痩せ型体型の方がマッチョになるためのポイント

まずは食事内容を記録しよう

そのため、痩せ型で太りにくい人も、自分の思い込みで食べているつもりになっているだけかもしれません。本当に食べている量を把握するには、食事内容を記録してみましょう。そうすると、客観的な自分の食事量がわかります。食事が足りていないと、いくら筋トレをしても筋肉はつきません。食事が十分でないのに筋トレをすると、逆にエネルギーを作ろうと体は筋肉を分解します。マッチョになるつもりが、ますます痩せてしまうなんてことになりかねないのです。

 

栄養バランスをチェック

食事内容を記録したところ、量はしっかり食べていることがわかったが、それでも太れないという人は、栄養バランスを見直してみましょう。

いくらたくさん食べていても、麺類や菓子パンなど炭水化物ばかり食べていないでしょうか。炭水化物こそ太る原因というイメージが強いですが、痩せ型の場合、炭水化物だけで体重を増やすことは難しいです。

そもそも痩せ型の人が体重を増やすのは、マッチョになるためです。マッチョになるとは、脂肪ではなく筋肉によって体を大きくすることですから、炭水化物ではなく、たんぱく質をいかに摂取できるかを考える必要があります。

 

肉や魚、大豆製品など良質なたんぱく質を豊富に含む食品が大切

肉や魚、大豆製品など良質なたんぱく質を豊富に含む食品をしっかり食べているでしょうか。量を食べていても、それらの食品をそれほど食べていないのであれば、太れなくても仕方ありません。

「食事の量も栄養もしっかりできている。それなのに太れない」という場合、今度は睡眠を見直してみましょう。体を大きくするには睡眠の質が非常に重要です。なぜなら、睡眠中にこそ、細胞を修復し体を成長させる成長ホルモンの分泌量が通常より増えるからです。

いくら食べても、しっかり眠れていないと成長ホルモンがしっかり分泌されないため、体が筋肉を作る働きに必要なエネルギーが足りなくなってしまいます。しっかり食べているのに太れない人は、睡眠の質を改善していきましょう。

 

以上が、痩せ型の人がマッチョになるために見直さなければならない考え方です。これを踏まえて、実際にマッチョになれるよう食事とトレーニングを考えていきましょう。

 

たんぱく質・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂ろう

まず、マッチョになるために食べなければならないのが、先ほどもお伝えしたたんぱく質です。肉、魚、大豆製品、乳製品、卵等を積極的に食べるようにしてください。また、たんぱく質さえ食べていればよいというわけでもないので、ビタミンやミネラル、脂質、炭水化物等バランスよく摂取できる食事メニューを考えることが大切です。

 

食事の内容は以上ですが、痩せ型の人は食べる絶対量が少ないケースが多いです。1日3食という普通の食生活ではなかなか筋肉がつかないため、短期間でマッチョを目指すのであれば食事回数を思い切って増やしてみましょう。

 

1日5食ぐらいに増やせば、日中、空腹感を覚えることがなくなります。空腹を感じた時には体はエネルギー不足を認識し、筋肉を分解してでもエネルギーに変えようとしますから、それを防ぐためにはなるべく空腹を感じないようにすることが大切です。そんなにたくさん食べられないという人は、プロテインドリンクなどで補うのもよいでしょう。朝起きてまずプロテイン、通常の食事を3回、夜寝る前にプロテインとすると、5食分のカロリーと栄養が無理なく摂取できます。

 

筋力トレーニングも大切

マッチョになるには食事や睡眠だけでなく、もちろんトレーニングも欠かせません。筋肉をつけるトレーニングの種類はさまざまですが、マッチョになるには大きな筋肉から重点的に鍛えていくのが効率的でしょう。

それにぴったりな種目がスクワットです。スクワットは太ももやお尻、ふくらはぎなど下半身の大きな筋肉を鍛えるのに効果的な運動ですので、マッチョになりたければ必ず取り入れなければなりません。

大きな筋肉を鍛えるには、クランチもおすすめです。クランチとは腹筋運動のことで、腹直筋上部を効率よく鍛えることができます。なお、スクワットであれクランチであれ、回数よりも正しいフォームでトレーニングすることを意識してください。

 

効率的な筋肥大にアナボリックステロイド

もし通常の食事とトレーニングだけではマッチョになるのに不十分と感じるのであれば、痩せ型の人にもアナボリックステロイドという手があります。通販サイト「テジャスメディシン」にて個人でも購入できますので、検討してみてください。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

アナボリックステロイドの購入はテジャスメディシンへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針