「肉を食べればOK」は、なんと間違いだった! 筋トレの食事で気をつけるべき注意点

「肉を食べればOK」は、なんと間違いだった! 筋トレの食事で気をつけるべき注意点

筋トレに効果のある食事というと、「とにかく肉を食べる」と考えがちですが、実は肉の食べ方次第ではかえってその食事が逆効果になってしまうこともあります。筋トレ中の食事に潜む「落とし穴」を学習して、より筋肉をつけやすくするための食事を心がけたいところです。

 

1日のたんぱく質の摂取量と食事の注意点

筋トレと食事で筋肉をつけたい場合、1日のたんぱく質の摂取量は「体重(kg)×1.5から2(g)」がおおよその目安となります。多くの場合、たんぱく質の摂取にはアミノ酸が豊富な肉を食べる方が多いでしょう。しかし、肉を摂取するにあたっては、同時に脂質を摂取することになる、という点に注意が必要です。

 

肉の中でもサシの入っているようなものやカルビ、サーロイン、ばら肉といった部位は脂質が多く、血液中に余分な脂質が蓄積してしまう可能性があります。べたつくような汗をかく場合、余分な脂質が血液中に溜まっている可能性が高いので注意しましょう。生活習慣病の原因にもなってしまいます。

 

たんぱく質さえ摂れば筋肉が育つと考え、ご飯や野菜を抜いてとにかく肉を食べる、というのも間違いです。特に糖質(炭水化物)は肥満の原因になると考えて摂取を避けている人は少なくないと思いますが、たんぱく質が合成される際に糖質が使われることから、適度な糖質の摂取が必要となります。また、ビタミンやミネラルも筋肉を効率的に育てるために必要となる栄養素です。

 

1日3食バランスの良い食事が理想

1日3食バランスよく食事を摂ることも大切です。特に朝食は1日のパフォーマンスに大きく影響を与えるので重要となります。朝食を抜くという人も多いかと思いますが、筋トレには朝食抜きは禁物です。

 

人間の身体には身体時計が備わっていることが知られていますが、この身体時計は朝日を浴びたり朝食を食べることで調整されています。筋肉を効率的につけるためにはまず、身体時計のリズムを調整し、心身の状態をベストに維持することが大切となってきます。また、朝食を摂ることで体温が上がり、摂取した栄養素を身体の必要な部位に送る機能も活性化されます。そうすることで、たんぱく質も代謝が良くなり、筋肉の増量へとつながっていくわけです。

 

夜遅い時間は脂質理の少ない食事を心がけよう

朝食を抜いて夕食をがっつり摂る、という人は要注意です。体内にある脂肪の蓄積に関係する「BMAL1」というたんぱく質の量は夜間特に多くなるため、夕食をたくさん摂ると脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。21時以降は特にBMAL1が多く分泌されるため、食事は夕食を軽めにする方が良いでしょう。たんぱく質の摂取には脂肪分が少ない豚肉の赤身や鶏むね肉もしくはささみ、魚であればマグロ赤身やカツオ、白身魚が良いでしょう。ビタミンとミネラルも大切なので、野菜や海藻類も取り入れましょう。

 

筋トレ中は、余分なものを食べない方が良いため、基本的には間食を避けるべきですが、どうしても小腹が空いて仕方ないという時もあります。

 

実は食事制限付きのボディメイクをしている場合でも、間食を摂ること自体は問題ありません。むしろ空腹状態では筋肉からエネルギーが摂取されるため、筋肉量が減少してしまいますので、こまめに間食を摂ることで減肉量の低下を防ぐことができます。

 

筋トレ中の間食。3つの注意点

筋トレ中の間食の摂り方で注意したい点が3つあります。

 

食べ過ぎに注意

1つ目は「食べ過ぎに注意」です。間食で食べることの多い菓子などの類は脂質や糖質が多く高カロリーのものが多い傾向にあります。肥満の原因は摂取するカロリーが消費するカロリーを超過する「オーバーカロリー状態」にあります。菓子の類は高カロリーのものが多いので、うっかり食べ過ぎると簡単にオーバーカロリー状態になってしまいます。また、血糖値の上昇スピードも高く、脂肪の分解を抑制する働きのあるインスリンの分泌が多くなり、身体が脂肪をため込みやすくなります。

 

たんぱく質の多い食品を選ぼう

2つ目の注意点は「たんぱく質の多い食品を選ぶ」ことです。上記の通り、菓子類は「オーバーカロリー状態」になりやすので、間食するならたんぱく質が多いものを選ぶと良いでしょう。ゆで卵は糖質・脂質がなく、カロリーも低めですので間食にピッタリです。

 

脂質の摂り過ぎに注意

3つ目は「脂質の摂り過ぎに注意」ということです。脂質は大切な栄養分ですが、脂質を摂りすぎる生活習慣病の発症リスクを高めてしまいます。菓子類には特に多くの脂質が含まれているので要注意です。

 

コンビニなどで間食するものを購入する場合は、高たんぱくで糖質と脂質が低めのものを選ぶようにしましょう。「サラダチキン」「ギリシャヨーグルト」「バナナ」「素焼きのミックスナッツ」「ゆで卵」「プロテインバー」などがおすすめです。

 

効率的な筋力アップにアナボリックステロイド

筋肉を短期間に効率よく増やしたい、という時は、アナボリックステロイドの利用を検討するのも良いでしょう。個人輸入代行サイト「テジャスメディシン」では各種アナボリックステロイド系の医薬品をリーズナブルに購入できるほか、使い方マニュアルも販売しているので初めての人でも安心して購入することが可能ですので、おすすめです。

 

 

アナボリックステロイド購入はコチラから"

関連記事

おすすめサイト

アナボリックステロイドの購入はテジャスメディシンへ

当サイトはSSL(暗号化通信)により、サイトの情報を保護・改ざん対策を行っております。


利用規約 | 個人情報保護方針